脱毛サロンでのムダ毛処理の事前準備ポイント!

脱毛サロンでムダ毛処理を行なう際に、何の知識や事前準備をせずに行なう事は非常に危険であり、肌や身体の負担を大きくする可能性が高まります。ここでは脱毛サロンなどでのムダ毛処理を行なう際に気をつける事を中心に事前準備の注意点を挙げてみたいと思います。

 

もちろん、自分でムダ毛処理を行なう際も同じような注意が必要です。事前に気をつけることで、よりムダ毛処理の効果が上がりやすく、綺麗な肌に仕上がる事でしょう。

 

脱毛サロンのほとんどでは、光脱毛を行なう前に自己処理を行なってくるように説明をされる事がほとんどです。これはどうしてかというと、ムダ毛が長い状態のままであると光が効率よく毛穴の奥に届かなく肌表面のムダ毛に集中してしまって、ヤケドをする可能性が高くなるからです。もちろん脱毛効果も低くなってしまいます。

 

では脱毛サロンで処理をしてくれないのかというと、時間の関係もありますし、対応をする場合もありますが別料金となってしまうことがほとんどですし、場合によってはその日の施術を断られるという事があります。

 

一部、処理が無料の脱毛サロンやVIOラインは対応という場合もあります。因みに、自己処理を行なう際は電気シェーバーを利用すると肌も傷つきにくく便利です。

 

カミソリや毛抜きは使用しないほうが賢明でしょう。同じように、脱毛施術を受けている期間は過度な日焼けに注意をしましょう。肌が黒く焼けているとムダ毛同様、光脱毛の効果が上手く発揮されない場合があります。

 

全身脱毛おすすめの脱毛サロン情報

全身脱毛ならストラッシュが断然おすすめ!今ならキャンペーン中で格安で脱毛できるし、通ってみて本当によかった♪

 

私が実際にストラッシュ通ったレビュー:ストラッシュの脱毛キャンペーン予約や私の口コミ回数ごとの効果

脱毛サロンでムダ毛処理の行なうタイミングとは?

脱毛サロンでムダ毛処理を行おうと考えた時に、いつ頃からはじめるのがベストなタイミングなのかと考える方もいることでしょう。基本的にムダ毛処理に厳密な季節などはありませんから、処理をしたいと考えたら、早めに行動に移ることが最善とも言えるかもしれません。

 

しかし、脱毛サロンやクリニックでの脱毛ではある程度の期間が必要で、ムダ毛処理を完了させるまでの期間は長い方で数年という場合もあります。最低でも1年近くは必要なケースが多いので、水着を着る計画があるという方は出来る限り早めに、余裕が持てるなら前シーズンの1年くらい前から施術をはじめておくと安心ですね。
また、基本的にムダ毛処理に季節はあまり関係ないと言いつつも、サロンでの繁忙期というものは存在し、多くは夏になる前が一番混むと言われています。逆に比較的予約に余裕があるという季節は秋から冬にかけてが多いようです。

 

もしも、脱毛サロンなどでムダ毛処理を考えている方は、夏本番前に焦って行なうよりも逆に夏が過ぎてから余裕を持って利用をする方が、予約も比較的スムーズに計画通りに施術が出来る可能性が高いかも知れませんね。

 

同時に、秋から冬にかけては肌の露出も少なくなりますし紫外線も減るので日焼けの心配も減りますので、メリットが非常に多いタイミングでもあります。個人の都合もあるかと思われますが、ムダ毛処理は冬のうちに行なうことが良いと思われますのでスケジュールを組んでみると良いでしょう。

脱毛サロンのムダ毛処理後に肌荒れトラブルを起こさない為に必要な事

脱毛サロンでムダ毛処理を行なった後も肌や身体のケアについて注意をしなければなりません。無事に脱毛が終わったからと言って、気にしないで生活をすると、次回以降の脱毛施術などに支障をきたす事があります。ここではどのような点に気をつけるべきか紹介をしてみたいと思います。

 

脱毛サロンで光脱毛をした当日は特に、日焼けをしたように肌は軽くヤケドをした状態となって熱を持っていることが多いです。この時に、当日の入浴をいつものように行なってしまっては、肌に大きな負担をかけることとなってしまいます。ぬるま湯のシャワーで優しく洗い流す程度にしておき、決してタオルなどで強く肌をこすらないようにしましょう。

 

また、肌はかなり乾燥をした状態となっていますので、保湿ケアを入念に行なうことが大切です。これは光脱毛に限らずどのようなムダ毛処理後でも、肌に十分な水分を補う事で肌へのダメージを和らげる事ができますし、特に光脱毛やレーザー脱毛、毛抜きなどで毛を抜く場合は肌が乾燥をしていると痛みを感じやすくなってしまいますので、日ごろから肌が十分潤った状態になるようケアを怠らないようにしましょう。

 

ムダ毛処理前同様、日焼けも注意をして下さい。脱毛サロンでの全身脱毛などでは特に約1〜2年は日焼けに気をつけながら、日焼け止めの使用や衣類などで予防しましょう。特にうなじ部分や背中、手足の指ななどの日ごろからあまり意識をしていない部分は日焼け予防も忘れがちなので注意をして下さい。