ムダ毛はなぜ生える?ワキやアンダーヘア、腕や脚の毛の意味は

ムダ毛はなぜ生えるの?ムダ毛はせっかく綺麗に処理をしてもすぐに生えてくる厄介なものです。

 

特にムダ毛が多い体質の方は油断をするとすぐに目だってしまうので本当に困ってしまいます。ムダ毛はなぜ生えるのだろうかと、誰もが一度は思う事かも知れません。どうしてムダ毛と呼ばれる毛は生えてくるのでしょうか?

 

ムダ毛処理の頻度の多くはワキ毛ではないのでしょうか?このワキ毛はどうして生えてくるのでしょう。子供のころには綺麗なワキであったのに、大人になると毎日のムダ毛処理に余念がありませんね。

 

諸説は様々ありますが、ワキの部分にあるリンパ節を守る役目があると言われています。また、フェロモンがワキから出るので、ワキ毛によりフェロモンを周りに伝えやすくする役目があるとも言われています。

 

しかし、ワキのにおい自体があまり不快と感じることが多いですし、見た目にも無い方が清潔感もあると思う方が多いですね。

 

また、アンダーヘアについても個人差はあるにしろ、濃い方は下着からはみ出てしまうくらいの量があるという方もいます。そうなるとムダ毛処理などお手入れも気になってしまいますね。この部分もワキ毛同様フェロモンの分泌と深い関わりがあるようです。

 

また、腕や脚部分と違って太くて縮れているのも、よりフェロモンを絡めるためとも言われています。腕や脚など全身では体温調節のための名残という説もあります。一見無駄と思われる毛でもそれぞれ重要な役目を持っていたのですね。

 

ムダ毛を自分で処理するのが大変な人へ

私は結構、剛毛でムダ毛処理が苦痛でした。
でも、ストラッシュで脱毛してからはその苦痛から解放されました♪

 

私のストラッシュの脱毛レポ♪⇒ストラッシュの脱毛キャンペーン予約や私の口コミ回数ごとの効果

ムダ毛はなぜ生えるのか毛の仕組みから考えてみる

ムダ毛はなぜ生えるのか、普段ムダ毛として敬遠されがちな身体の毛ですが、ムダ毛をはじめ髪の毛などどのような成分でできているのか考えたことはありますか?ここで改めて毛について理解を深めることで、ムダ毛はなぜ生えるのか考え方も少々変わるかもしれません。

 

私達はひとくちに毛とだけ表現をしているのですが、この1本の毛にも具体的には場所により名前が付けられています。もう少し詳しく説明をしてみると、肌から飛び出ていて普段私達が目にしている部分の毛は毛幹と呼ばれる部分と言われています。

 

毛幹はあまり聞きなれない言葉ですが、皮膚の下の部分は何というかと言うと、その部分は毛根と呼ぶようです。毛根とは一番下の部分と思っていた方が多いのではないのでしょうか。

 

以外でしたが、それでは毛を抜くと一番下が丸くなっている部分はどう呼ぶのかと言うと、毛球といって区別されているようです。毛球部分は私達が想像をしているように、主に毛を作り出す組織があるのですが、この毛球だけでは毛は作られません。

 

毛球の先端に毛乳頭と呼ばれる毛細血管と繋がる組織があり、その部分が血液から栄養を貰い、毛を作り出す働きをするのです。ムダ毛処理をして毛を抜けば毛乳頭も無くなるのではと考えてしまいますが、実は毛を抜くくらいでは毛乳頭は一緒に抜けず、毛穴の奥に残されたままなのです。

 

そのため、ムダ毛処理で綺麗になったと思っても再び毛が生えてきてしまうのです。ムダ毛はなぜ生えるのかというのは、一筋縄にはいかないムダ毛の仕組みですね。