自宅でのムダ毛処理のメリットデメリット

自宅でのムダ毛処理は多くの方が経験をしていると思われますが、自宅で行なうという利点やマイナス点などをもう少し考えてみましょう。

 

自分で行なう際のムダ毛処理の方法の多くはまずカミソリをはじめ様々な方法があるでしょう。これらはドラッグストアを中心に比較的安価に購入をすることができますし、何よりも誰にも知られる事なく自分の好きなタイミングでムダ毛処理を行なうことができます。

 

サロンなどでいくらプロスタッフと言えども見せるのに抵抗があるという方は自宅で行なうのはとても便利ですね。しかし、このように手軽に自分で行なえるという便利さがある分、日ごろの使用方法や注意点を十分理解し行なわなければいけません。

 

自宅で手軽にムダ毛処理ができるとはいえ、綺麗な肌を手に入れるどころか肌が傷ついて、うまくできない。取り返しのつかないキズ痕やシミなどが残ってしまう可能性もありますし、痛みや炎症などの症状を引き起こすという場合もあります。

 

その他には、自宅での処理の多くは一時的な処理でしかないという方法がほとんどです。

 

処理後は綺麗にムダ毛が無くなっても、そのほとんどは皮膚表面のみの処理や毛球から抜いたとしても、大本の毛乳頭は残っていますから時間が経てば再び毛は生えてきてしまいます。

 

そうすると、また肌を傷めるリスクを高めながら処理を行なうという繰り返しとなるでしょう。そして、自分ひとりで処理をするとなると、背中やVIOラインを綺麗に行なうには非常に難しい場合が多いという点が考えられます。

 

自分で難しい部位は脱毛サロンへ

自宅だと難しい背中やVIOの脱毛ならストラッシュに通った方がいいです!私はココに通っってツルツル肌を手に入れました♪

 

私が脱毛したストラッシュの効果レビュー:ストラッシュの脱毛キャンペーン予約や私の口コミ回数ごとの効果

自宅でのムダ毛処理方法まとめ

自宅でのムダ毛処理方法について、カミソリや毛抜き、家庭用脱毛器についての注意点などをまとめました。
ムダ毛処理がうまくできない悩みがある人は必見です

 

カミソリの正しい使用方法と注意点

自宅でのムダ毛処理でもっともポピュラーと思われる、カミソリでの処理方法についてもう少し詳しく考えてみましょう。

 

誰もが一度は利用をした事があると思われるカミソリかと思われますが、手軽に利用が出来る分、あまり自覚はしていないも大変危険な部分も含まれています。正しく使用方法を理解し、カミソリの良い点や気をつけるべき点を知り、上手に利用をしていきましょう。

 

カミソリでのムダ毛処理は、一時的に表面のムダ毛を除くという方法なので、厳密には脱毛という方法ではありません。数日経てば再び毛は生えてきてしまいます。

 

また、どうしてもカミソリでカットをした毛の断面は斜めになってしまうため、見える表面積が多くなるので太い毛が生えてきたように感じられ、返って目立つということになってしまいます。

 

しかし、簡単に自分で行なえる方法であるため正しく使用をすることで綺麗な状態を保つ事は可能となります。注意すべき点としては、カミソリで肌表面を削いでしまう格好となってしまうので、ムダ毛処理と共に肌表面もキズを付けやすい状態となっています。

 

カミソリの利用後は肌がツルツルとしている事が多いですが、それは肌表面の角質も一緒に削いでしまっているからです。

 

毛の流れに沿って石鹸などを必ず使用し、優しくカミソリを動かしていきましょう。そし保湿ケアを忘れずに行う事と、カミソリの刃は常に清潔に取り扱い古くなって切れ味の悪いものを使わない事です。

 

毛抜きのムダ毛処理には注意

毛抜きを使ったムダ毛処理も経験された方もいるでしょう。直接ムダ毛を一本ずつ引き抜いていくので、カミソリよりは確実にムダ毛処理を行なうことができますし、毛球から抜くので毛が再び生えるまでに少々時間はかかる傾向にあります。

 

カミソリより手間はかかるが毛抜きによる方法の方が綺麗で確実に行なえるのでは?と考えるでしょう。しかし、実は綺麗に処理をしているように見えても肌への負担はカミソリ以上に大きいということをご存知でしょうか?

 

そのひとつとして、毛を無理矢理抜くという行為は肌に大きな刺激を与えることなり、その防御反応としてムダ毛は更に濃く太くなって身を守ろうとする場合があるのです。そうなるとせっかくムダ毛処理をしても逆効果となってしまいますね。

 

しかし、それでも緊急的な場合などでは一時的な処理として毛抜きも上手に利用することはできます。自宅で安価な金額で手軽にできるというメリットがありますので、正しく利用をすることでムダ毛への悩みを軽減させていきましょう。

 

毛抜きの正しい使用方法を紹介してみたいと思います。まず毛を抜く方向ですが、出来る限り毛の流れに沿って行う事が必要です。毛の流れと逆方向に抜こうとすると、毛が皮膚の中に入り込んでしまう、埋没毛という状態になりやすくなります。

 

そうすると毛穴の炎症などを引き起こしやすくなってしまいます。入浴後などで毛穴が開いた時に行なうと肌への負担も少なく抜きやすいでしょう。

 

家庭用脱毛器の選び方と注意点

近年、ムダ毛処理に大変注目が集まってきているのが家庭脱毛器です。ひと昔前に比べると格段にその性能は向上し、効果や使用感も大変良くなってきています。
しかし、ムダ毛処理に対する効果は個人差が非常に大きく、家庭用脱毛器で十分という感想もあれば、やはりプロの手で行う方が良いというクチコミも多く聞かれています。

 

それでも家庭脱毛器でのムダ毛処理の大きな魅力としては、自宅で気軽に気負いすることなく利用ができるという点です。ここでは家庭用脱毛器を選ぶ際の注意点などについて考えてみたいと思います。

 

家電量販店のコーナーに立ち寄ると、様々な家庭用脱毛器が販売されている事でしょう。インターネットや通販でも沢山紹介をされていますし、その値段も実に幅広く設定されています。

 

値段だけで決めて購入をすると失敗の確率が高くなってしまいます。家庭用脱毛器にも、ムダ毛処理方法に違いがありますのでその機器の特性をよく理解する事が必要です。

 

近年、多くの人気があった家庭用脱毛器は熱線でムダ毛を焼き切るものでした。これは表面のムダ毛のみを処理するものですから、どうしても毛は残ってしまいます。

 

また、光脱毛の機能を有したものも人気がありますが、海外製の場合日本人の体質に合わず光が強すぎたり弱すぎる場合があります。そのため、生産国や日本人向けとなっているものか、本体価格が安くてもランニングコストは高すぎないか等を確認し比較すると良いでしょう。

自宅でVIOラインのムダ毛処理をする際のやり方や注意点

自宅でムダ毛処理を行なう時に少々手間取ったり、悩む部分にVIOラインのムダ毛処理が挙げられるのではないのでしょうか?VIOラインとはアンダーヘア部分のデリケートゾーンの事です。

 

もう少し詳しく説明をしてみると、Vラインはアンダーヘア前面部分です。ビキニラインとしてよく知られている部分ですね。この部分のムダ毛が多いと下着や水着の両端からはみ出てしまう場合があります。

 

Iラインとはどこかというと、女性器の周りに生えているアンダーヘアです。丁度直線となるためIラインと称されています。Oラインは肛門周りの部分を指します。

 

個人差はありますが、ムダ毛の量が多いと排泄時に不潔になりやすい部分でもあります。Vラインは何とか自分でできそうだが、IOラインはどうやって行なったら良いのか、肌を痛めないかうまくできないんじゃないかと心配という方も多いことでしょう。

 

自分でムダ毛処理を行なう際に利用するものはカミソリも良いですが、できれば専用部位のカミソリや安全に出来る専用電気シェーバーが便利です。

 

現在はVIOライン専用に開発された特殊形状のものがありますし、安全に利用ができるように配慮をされていますので利用をすると怪我も少なく安心です。

 

脱毛クリームもありますがデリケートな部分なので、肌への負担が心配です。ワックス脱毛なども人気がありますが、同様に肌への負担も考え利用をしましょう。どうしても自分では自信が無いという方は無理をせずに、サロンなどプロの手で脱毛を行なうことが確実でしょう。

自宅でうなじや背中のムダ毛処理がうまくできない時はどうする?

ムダ毛処理で密かな人気がある部分にうなじの処理があります。昔から、日本では和服を着用した際にきれいなうなじに男性の心を惹きつけるといいますね。確かに、きれいなうなじの女性を見かけると魅力的でドキッとしてしまいますね。

 

きれいなうなじを魅せるためには肌がきれいな事と産毛の処理がしっかりとされていることが必要となります。しかし、ムダ毛の濃い体質の方はうなじの産毛も多い傾向にあります。

 

しかも自分ではなかなか確認ができる部分ではありませんのでうまくできないで悩む人が多いです。お手入れを行なうにも手が届きにくい部分なのでしっかり綺麗に行なうというのは難しいかもしれません

 

うなじのムダ毛処理を行なう方法はなにが考えられるのか、ここでいくつか紹介をしてみたいと思います。確実に綺麗に行ないたいという方は、やはり自分では難しいのでプロの手で行ってもらう事が良いでしょう。

 

綺麗に行なうにはカミソリを利用する場合理容室や専用に行なっているサロンがあります。自分でもカミソリは不可能ではありませんが、刃物を不安定な角度で首周りに利用をするというのは非常に危険です。

 

もしも自分でムダ毛処理をするなら電気シェーバーが無難でしょう。また、自分で行なう場合は脱色をするという方法が安全です。産毛くらいの細さであれば脱色をすると目立たなくなるので良い方法ですが、肌荒れを起こしやすいため使用に注意です。

 

サロンの光脱毛などもありますので自分に合った方法を選びましょう。