永久脱毛の医療レーザー脱毛の内容や機器について

完璧な脱毛を希望するなら病院やクリニックで行われている「医療レーザー脱毛」です。
医師の手による永久脱毛は、サロンの脱毛から比較しても安全性に信頼がおけます。

 

永久脱毛の定義はいくつかありますが、「施術して50年は毛が生えてこないことと」されています。50年ということは、人間の年齢から言っても施術後永久に無駄毛の悩みと無駄毛処理のわずらわしさから解消されるのです。

 

ただ、レーザーによる永久脱毛は痛みが強かったことや、料金が高いことで敬遠される傾向がありました。

 

しかし、今は性能の良いレーザー脱毛機がドイツから入ってくるほか、日本の医療機器メーカーの脱毛機も進化して、従来とは比較にならないほどは痛みが軽減されたり、肌がキレイになる効果が高くなっています。

 

今現在、多くの医療機関やクリニックで使用されている脱毛機器には、「ダイオードレーザー」や「アレキサンドライトレーザー」そして「ロングパルスヤングレーザー」などが主流になっています。

 

性能の良い脱毛機器ですが、医療機器なのでどの脱毛機が一番良いかということはなく、痛みに関しては施術者の腕や、センス、そして出力によっても違ってくるようです。

 

1回の脱毛範囲も広く、施術回数も少なくなっている現代の医療レーザー脱毛は、以前のようにサロンでの脱毛よりも料金が高いということがなくなっています。

 

そのため、完了までの期間が長いサロン脱毛から、医療機関やクリニックのレーザー永久脱毛に乗り換える人が増えています。

 

脱毛をお考えなら、医療永久脱毛を受けることも1つの選択肢としてありでしょう。

 

ちなみに私はレーザー脱毛はやめました

1度、レーザー脱毛に通ったんですが、剛毛だったからか痛みに耐えられなくて・・・
色々探しているうちに、ストラッシュのSHR脱毛がいいということを聞いて通っています!痛みもないしいい感じ♪

 

私のストラッシュ体験談:ストラッシュの脱毛キャンペーン予約や私の口コミ回数ごとの効果 ページへ

永久脱毛のニードル脱毛は痛みがあって料金が高い

今の永久脱毛は、ほとんどレーザー脱毛が行われていますが、レーザー脱毛が開発される前はこのニードル脱毛が行われていて、昔からある脱毛法です。

 

永久脱毛とされるニードル脱毛は、効果の高さはレーザー脱毛よりもさらに効果が高いとされています。
病院やクリニックだけでなく、サロンでも施術が許可されていますが、料金も高く、そして、あまりにも強い痛みのため受ける人は極端に少ないのが現状です。

 

ニードル脱毛は、毛穴に針を刺して電気を通して毛を生やす組織を破壊する方法でおこなわれますが、技術を習得した人でなければできないことや、毛穴に1本1本針を刺して行われる施術のため、時間がかかり人件費が高額になってしまうため、ニードル脱毛の料金の高さは半端でない高額な料金がかかってしまいます。

 

料金は、レーザー永久脱毛は、1回○円と設定されていることが多いのに対してニードル脱毛は○分○円と、時間で設定されていることが多いです。

 

ニードル脱毛は歴史が長いだけに、その効果は立証されていますが、ただ、施術者によっては、内出血を起こしたり肌が炎症を起こしたり、肌の赤みが引かないなどのトラブルも発生して問題が起こったこともあるようです。

 

強い痛みのため、最後まで通う人が少ないと言われるこのニードル脱毛を、叶恭子さんは受けたといいます。さすが美に対する意識が違う彼女ならではと感心します。

 

歴史が長いだけに、永久脱毛の効果も立証されているとはいえ、料金の高さ他痛みのことを考えればレーザーによる永久脱毛がおススメです。