脱毛クリニックには痛みというデメリットが存在する?

常に医療従事者がいるので、安心と言われる脱毛クリニックですが、その施術方法が高温度のレーザーを使用するということで、ためらってしまう人が多いのも事実のようです。

 

また、クリニックでの脱毛は、痛みを伴うという噂も高く、なかなか足を踏み入れることができないのです。脱毛クリニックでの脱毛は、本当に痛みを伴うものなのでしょうか?

 

一概に、クリニックでの脱毛と言っても、その使用する機械はいくつか揃えています。その脱毛する箇所や、施術者の希望により、使用する機械を選択するのです。

 

痛みに敏感な施術者には、痛みが少ない機械を使用することもできますし、昨今では、その機械の技術も年々進化しており、施術する瞬間に、その個所を冷却するなどの方法をとるため、痛みを感じることが少なくなっているのです。

 

また、痛みは個人差が大きいので、その人の状況に合わせた施術を心がけているため、途中で挫折することなく、最後まで脱毛を続ける人が多いのは事実です。

 

脱毛クリニックでは、痛みを強く感じる人には、麻酔クリームを使用したり、その時の様子を見ながら施術を進めていくため、安心して続けることができる環境にはあります。

 

また、脱毛する箇所によっても、敏感なところもあるので、そのことも踏まえながら、施術を行います。その脱毛する箇所によっても、機械を変えたりしますので、肌への負担も少なく、最良の状態で施術を受けることができるのです。

 

私の脱毛クリニックに通ってた時の痛み

ムダ毛の濃さも関係あるのかもしれませんが、私の場合はかなり痛かったです(>_<)
結局通っていたクリニックはやめて、脱毛サロンのストラッシュに通ったんです。

 

ストラッシュのSHR脱毛だと痛みを感じることなく処理できたので本当によかったです!

 

私の体験記事:ストラッシュの脱毛キャンペーン予約や私の口コミ回数ごとの効果 ページへ

脱毛クリニックのデメリットでの肌トラブルにはやけどやむくみが出る?

脱毛クリニックでの脱毛を考えた時、人々は、医療従事者が滞在していることに安心感を覚えるでしょう。

 

美容クリニックなど、クリニックと名前がつくところには、必ず医療従事者が常勤していることになっているので、万が一、何かトラブルがあった時に、万全の対策が取れることは事実です。

 

では、実際に、脱毛をする時に、発生する可能性のあるトラブルとは、どんなことがあるのでしょうか?

 

まず、脱毛クリニックで使用する脱毛器は、高温のレーザーを使用することから、単純に、やけどをしやすいというリスクがあります。照射した後に、皮膚がひりひりする感じや、肌が赤くなったり、むくみが出たりします。これには、個人差もありますが、ほとんどの人は、翌日には治まる傾向にありますが、まれにその症状が続く人もいます。

 

また、毛穴に雑菌が入ることで発症する毛嚢炎を起こすことがあります。これは、顔などに現れることが多いものです。その他、その人の体質によって起こりやすい症状として、毛がレーザー照射の後に、かえって硬くなったり、増えてしまったりする場合があります。

 

いずれも、本来の脱毛の効果が得られないため、脱毛クリニックでは、再度、体質、毛質などをチェックし、適切な対応をすることになります。
クリニックならではの、医療面からの治療を行い、施術者に納得のいく対応ができることが一番の安心ですね。そのためにも、信頼できる脱毛クリニックを探すことが大切です。